vol.2

センチュリオン「クラシック赤坂」

1 立地

前回に続き、地下鉄丸の内線「赤坂見附駅」10番出口を出て約2分、ニューヨークにあるような外観イメージのセンチュリオンホテル「クラシック赤坂」で、今回ご紹介するのは洋室のデラックスツインです。

2 室内

クラシック赤坂の洋室は、とてもインテリアにこだわったデザイナーズ空間が特徴です。重厚なインテリアが配置されたリビングスペースは、スタイリッシュで贅沢なひとときを演出しています。

リビングにはテラスもあります。景観を楽しむというよりも、外光を大きく取り入れているので、家のように感じられ快適性が高い空間になっています。

洗面スペースもスタイリッシュなデザインながらも、落ち着いた雰囲気です。

140cm幅のダブルベッドを二つ配置しています。ベッドは英国王室御用達のスランバーランドグランドスイートⅢのダブルクッションで、贅沢で心安らぐ睡眠を約束してくれます。このデラックスツインの部屋は1名から6名まで利用可能で、5名様以上のご利用からソファーベッドも用意してくれます。

この部屋の特徴として、室内はフローリングなのですが、寝室スペースにはカーペット、リビングには絨毯が敷いてあり、裸足で室内を動くと、まるで家にいるような感覚で過ごせます。

さらに、玄関、キッチン、ベッドサイドなど室内の壁に絵画が演出されているのも家の感覚をUPさせています。

3 設備

テレビはリビングスペースに壁掛け大画面テレビと、ベッドからも見られるようにベッド近くと、2か所に配置しています。

連泊、そして長期滞在も可能な、大きめの冷凍冷蔵庫、電子レンジがあるミニキッチン。乾燥機能付き洗濯機が完備されています。

迫力あるHi-Fiサウンドが楽しめる、AnkerのSoundCoreも完備し、スマフォでお好きな曲をBluetooth接続で聴くことができます。小さいながらも優れモノです。

もちろん、Wi-Fiは客室内で無料接続できます。

4 お風呂・アメニティ

お風呂もリビング同様に窓があり、外光を取り入れています。アメニティは世界的認定機関Ecocert(エコサート)から日本初認定されたセンチュリオンホテルズのオーガニックアメニティです。

また、オリジナルデザインのガウンも完備しています。

5 廊下

デザイナーズホテルの魅力のひとつ。それが廊下のデザインが各フロアで違うことです。カーペットだけでなく、絵画、壁、お部屋の扉まで、フロア空間すべての演出デザインが異なり、フロアごと違う雰囲気が味わえます。

センチュリオンクラシック赤坂は、デザイナーズホテルでありつつ、一週間~中長期で住む、をテーマにもしています。「ホテルに住む」、そんな新しい時代のライフスタイルが実現可能なホテルでもあるのです。

ザ・センチュリオン クラシック赤坂のホームページはこちら

archives