NEWS

2017.05.15

三国祭 5月19日(金)~21日(日)

三国祭
山車写真
笛や太鼓、三味線のおはやしにのせ、巨大な武者人形が町を練り歩く。
湊町の繁栄を現在に物語っている姿は、江戸時代から変わらぬひとつの約束事。

北陸三大祭りのひとつといわれる三國神社の春の例大祭です。祭りは3日間行われ、神社に奉納される祭り中日の巨大な武者人形の曳き山車巡行が見どころで、数百軒の露店が立ち並ぶ三国の町は約15万人の人出で賑わいます。
期間・場所
坂井市三国町山王 三國神社周辺にて開催されます。
5月19日(金曜日)、20日(土曜日)、21日(日曜日)
20日山車巡行日
露店は午前9時から午後9時30分ごろまで営業しています。

三国祭WEB案内図(GPSと連携します!トイレ地図あり!巡行図・みどころも記載!)
山車巡行、イベントスケジュール

20日のスケジュール
時間 内容
8時00分 山車6基が各区の山車格納庫を出発し三國神社を目指します
12時00分 三國神社前通りに山車が勢揃い
13時00分 子供はやし方による太鼓の共演の後巡行へ出発します
14時00分 きたまえ通り付近を通過
16時00分 三国駅前に山車が順次到着し勢揃い
18時00分 山車はライトアップされ、それぞれ区格納庫へ戻ります
平成29年山車巡行図(JPG:831KB)

山車のご紹介
29年度三国祭山車一覧表
番号 当番区など 山車人形名
1番山車 岩崎 大谷吉継(おおたによしつぐ)
2番山車 中元 竹抜五郎(たけぬきごろう)
3番山車 三国祭保存振興会 徳川家康(とくがわいえやす)
4番山車 滝本 加藤清正(かとうきよまさ)
5番山車 上八 忍者児雷也(にんじゃじらいや)
6番山車 下台 柴田勝家(しばたかついえ)
人形製作については、1番・5番山車は地元区による自主製作、2番・6番山車は人形師岩堀氏の製作、3番・4番山車は地元有志で構成される山車の会の製作です。
平成29年山車紹介チラシ(PDF:517KB)

アクセス方法
  • お車でお越しの場合 北陸自動車道金津インターチェンジから約20分
    公共交通機関でお越しの場合 福井駅よりえちぜん鉄道利用三國神社駅下車(約50分)駅より三國神社まで徒歩約10分
    祭り期間中は大変込み合いますので公共交通機関のご利用をおすすめいたします。なお、駐車場は坂井市三国支所、三国体育館をご利用ください。
    5月20日(土曜日)のみ無料シャトルバスを運行しております。
    ◎シャトルバス乗り場および無料駐車場
    ・三国運動公園
    ・成田山福井別院
    ◎祭会場付近乗り場(駐車場はございません)
    ・えちぜん鉄道三国駅
    ◎運行時間
    AM10時00分~PM9時00分
    シャトルバス運行駐車場チラシ(PDF:544KB)

ARCHIVES アーカイブ

空室検索

PACKAGES